【2023年12月最新】ディズニークルーズ WISH号 乗船編 1日目


ディズニークルーズの予約と準備が完了したらいよいよ乗船です!

子連れでのクルーズ旅行にドキドキの我が家。

乗船1日目の流れを備忘録として残したいと思います。

メー

これからクルーズ旅行に行かれる皆さんの参考になれば嬉しいです!

オーランド空港でチェックイン

当日の飛行機では間に合わなかった我々は、フロリダに前日入りしました。
ウィッシュ号が出向する港はPort Canaveral(ポートカナベラル)

空港近くのホテルに宿泊します。

(クレジットカードのリワードで泊まったので無料でした)



翌日、朝9時発のホテルからのシャトルバスで空港に向かいます。

ホテルから空港へは約10分。早めに行って早く乗船したい私たちは港へ向かうシャトルバスも早めの時間帯のものが割り振られるように出発しました。

オーランド空港の1階、一番端にあるMEARS シャトル受付のひとつ手前にあるディズニークルーズライン(以下DCL)のチェックインカウンターでチェックインを済ませます。

スーツケースなどの預け荷物は先に係員さんに渡しておきます。これらの荷物は部屋に入る時間になるまで受け取ることが出来ませんので必要なものはバックパックなどに入れておくと良いです!


早めに到着したつもりでしたが、割り振られたバスは11時前のものでした。9:30か10時すぎのポート行きのバスを目標としていたのですが…空港でかなり待つ必要かがありました。

時間があったので写真スポットでここで記念撮影を。

呼び出しはこのようにキャラクターのシールが渡されます。

私たちはフック船長。バスが迎えに来たら「フック船長の番だよー」と係員が案内に来ます。

空港からポートカナベラルへ

空港からポートまでのバスの所要時間は約40-50分。

距離にして約72kmです。

大きな船が見えてくるとバスがザワザワし始めます。そして見えたのがディズニーウィッシュ号!

テンション上がりますねー!

ポートに到着後、セキュリティチェックをして船に乗り込みます。


この時に持ち込み禁止のもの(火災に繋がるような製品や武器など。電気ケトルもNGです)を持っていたら一時的に取り上げられてしまいます。下船の時には返してもらえますので係員の案内に従って手続きをしてください。



ターミナルには大きなクルーズ船の模型が飾ってあります。

皆さんここで写真撮影をされていました。

船に乗り込むボーディングブリッジの手前でも写真撮影をしてくれます。

こちらはしてもしなくてもOK。

プロのカメラマンが撮影してくださり、購入するのであれば下船までに購入可能です。



ターミナルの大きなテレビ画面に乗船の順番を示すボーディングナンバーが表示されます。

ボーディングナンバーはオンラインチェックインをしたときに確定しますので、それに沿って乗船していってください。

乗船時にはQRコードを提示します。スマホ画面を用意しておきましょう!



乗船後は自由時間となります!

私たちは午前中に乗船したのでまだ部屋の準備がされていませんでした。


船内の探索はできます。ショップはまだ開店前ですが、外から覗いて見ることができるので下見をしてみても⭕️

座って休んでおけるようなソファもたくさんあるので、疲れたらそちらへ。

11階のレストランは既にオープンしていてウェルカム状態。


ここで昼食をとります。

グリルやメキシカン、ハンバーガー屋さんやアイスクリームショップなど、好きなものを選んでランチにしました。

アメリカンな食事だろうと思っていたけど、やはりそうでしたね笑

バーベキュー、ハンバーガー、ホットドッグ、メキシカン、ピザなどのファストフード的なお店が多かったです。

デザートのアイスクリームはバニラ、チョコレート、ストロベリーの3種です。

食べ放題ひゃっほう!と思っていたのですが、結局ここでは一度しかアイスクリームを食べませんでした。



部屋に入れるのは15時ごろと聞いていたのですが、早めに部屋に向かってみると…間もなく入れそうな雰囲気です。

14時過ぎ、ようやく部屋に入ることができました!
荷物はこのあと順番に持ってきてもらえるようです。

部屋にいない場合はドアの前に置いてくれていますのでご安心を。

ドアデコレーションを楽しむ

ディズニークルーズと言えばドアのデコレーション。

自分たちの部屋のドアを好きに飾り付けます。

我が家は事前に家で作っていきました。

装飾品はマグネットでのみドアにつけることができます。

テープやのりなどは使用できませんのでご注意ください。



私たちは100均で材料を調達し、プリンセスのシルエットの切り絵を作って持っていきました。


なかなかシックで良い感じなのでは?



「そんな暇なかったわ!」と言う方に朗報。

クルーズ船内のショップでドアデコ用のマグネットが売っています。


手作りする人よりも買って貼っている人の方が多い印象でした。

◯◯Family」などと、自分たちの名前を入れてたり、「Just married」と新婚アピールをしたり、それぞれの家族の個性が出ていて面白かったです。

デッキにて出航パーティー開催!

17時前、いよいよ出航の時間が近づいてきました。

デッキではキャラクターが集結して出航パーティーが解散されます。

私たちはギリギリに行ったので後ろのほうで見ていました。

遠くても大きなスクリーンに映し出されていたので良かったです。(子供はさすがに抱っこか肩車をしなければ見られませんでした)

始まる30分前から待っている人もいたようです!

ここで最前列で見られなくても、この後キャラクターにはバンバン会えますのでご安心を^_^

ディナーの場所をアプリで確認。初日はアレンデール

一息ついたらプールに行く前にアプリでダイニングの場所と船内イベントを確認しましょう。

ディナーは決められた場所、決められた時間に行く必要があるので必ずチェックしておいてください。

ウィッシュ号のダイニングはアレンデール、マーベル、1923です。他に2つレストランがありますが、そちらは有料となっています。

メニューはアペタイザーからメイン、デザートまでコース風になっていますが、好きなものだけ注文して大丈夫です。

初日はアレンデールでした。

前菜だけ、とかサラダだけ、メインだけ、とかでもOK。

子供にはキッズメニューあり。

メニューもFrozenデザインで可愛かったです。

キッズメニューのメインはは毎日変わらずバーガーかピザ、パスタって感じでした。(もちろんスープやサラダも追加できます)

大人用のメニューから選んでも問題ありませんでした。

アルコールなどのドリンクは有料です。


さすがアナ雪がテーマのレストラン!

エルサとアナ、オラフにオーケン、クリストフが登場です!

真ん中の舞台で(寸劇が?)色々繰り広げられています。

その後、キャラクターはテーブルにまわってきてくれます。

この時に一瞬に写真撮影したりサインをもらったりすることは難しそうでした。

サインを集めている人はキャラクターグリーティングでお願いしましょう!

夜も様々なイベントが繰り広げられていますが、子連れの私たちはお部屋に入りシャワーを浴びて就寝です。

シャワールームと洗面は日本人的に合格点。

浴槽が深いので、お風呂に浸かりたい方は溜めることができます。

シャンプー、コンディショナー、シャワージェルはH₂Oのものが備え付けられています。

シャワーの水圧はまぁまぁ。新しい船なので、全てが綺麗でした。(浴室の写真は撮り忘れておりました…)


クルーズ初日はこんな感じで終了しました。

参考:DCL ウィッシュ号旅行記

    【2023年12月最新】ディズニークルーズ WISH号 乗船編 1日目” に対して2件のコメントがあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です