【徹底解説】必要?不要?海外の哺乳瓶消毒事情

こんにちは!

駐米4年目、現役駐在妻のメーです。

当時4か月だった下の子を連れて再渡米した私ですが、「哺乳瓶消毒問題」に直面しました。

アメリカでは哺乳瓶を消毒するのか?

日本から持って行くべきか?など、実際に体験したことをご紹介します。

上の子が乳児だった頃(2018年頃)、私は日本にいました。

出産した産院ではもちろん、「たまひよ」などの育児書にも「赤ちゃんが口にするものは消毒するもの」と記載がありました。

初めての子供でしたので、それはそれは念入りに消毒しました。

煮沸消毒、ミルトンなどで漬け置き、レンジでチンする消毒などなど、様々な食器の消毒方法が紹介されていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

除菌じょ〜ずα バニラ 1コ入
価格:2,475円(税込、送料別) (2023/10/3時点)


メー

我が家はラクチンなレンチン消毒でした

私はこれら哺乳瓶やオモチャなどの消毒を、卒乳し哺乳瓶を使い終えるまでの1年数か月、続けていました。

ではアメリカではどうでしょう?

答えは「消毒グッズはあるが、消毒している人は少なさそう」な印象でした。

哺乳瓶を購入して初めて使うときのみ消毒して、あとは食洗器で洗うから必要ないとのことです。

確かにアメリカのキッチンには大きな食洗器がついていますし、自動で熱湯で洗ってくれ、熱風で乾かしてくれる。


消毒するかしないかは「親の判断」になるのだと思いました。

私の場合は、既にアメリカ生活を経験していたこともあり、食洗器で洗うことには抵抗がありました。

なぜなら、アメリカの食洗器用洗剤は香りが結構強いからです。



洗い終え、乾いたマグカップを使って水を飲もうとすると…水以外のニオイがする。

あれ?と思いました。

アメリカの大きな食洗器はパワフルで、とても綺麗に洗ってくれますし、ゴォゴォと熱風で乾かしてくれるので素晴らしいと思います。

ただ、この食洗器用の洗剤で哺乳瓶を洗うにはちょっと…と日本人の私は思ったわけです。


ではどうしようと思ったか?

  • 日本からミルトンを持っていく
  • 上の子のときに使っていた電子レンジでチンするタイプのケースを持って行く


でした。

と、言うのも、私は日本に里帰り出産したため、哺乳瓶は日本のものを使っていました。

上の子のときに使っていた瓶タイプの哺乳瓶+新たに買い足したプラスチック製です。

アメリカで哺乳瓶を購入することは考えておらず、アメリカで消毒ケースを探すこともサイズが合わないなど問題がありそうだったため視野に入れていませんでした。

実際、アメリカの消毒ケースは日本の「箱タイプ」のものと違い、丸いピザみたいな形があったり。

どう考えても入りません…


もし、日本の哺乳瓶を使う予定の方は、事前にAmazonアメリカなどで哺乳瓶消毒ケースのサイズ確認など行ってからどちらのものを使うか判断されると良いかと思います。

結論から言うと、我が家のレンジでは使えました!

アメリカの電子レンジはパワフルで、大体1000w以上のものになります。

日本のレンチン消毒ケースは500~600wを推奨していますので、アメリカのそれとは合いません。


ではどうするか?



アメリカの電子レンジはシンプルですが最低限の機能は付いており、出力を調整するボタンがどこかに隠されているハズ。(我が家のレンジはPower levelというボタンで調節できました)


私の場合は、1000Wの電子レンジの出力を半分の50%に設定して使っています。

出来上がりのホカホカ感も日本で使用していたときと同じぐらいに感じました。


アメリカの電子レンジでそのまま設定時間通りにレンチンしてしまうと、確実に消毒ケースが溶けてしまいますので、もし日本の消毒ケースを使われる場合は注意してください。

今のところ私はアメリカでミルトンのようなものに出会ったことがありません。

日系スーパーなどで買えるかもしれない…と淡い期待を抱いたのですが、見つかりませんでした。


ちなみに筆者、ミルトンは2,3箱日本から持って行ったのですが、夫が消毒くささが気になると言い、ほとんど使っていません。

液体ミルクを飲まない下の子ですので、ミルトンは電子レンジの設置されていないホテルに泊まる時などに使ってみようかなと思っています。


錠剤は嵩張らないので日本からでも持っていきやすかったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミルトン CP(36錠)【ミルトン】
価格:1,178円(税込、送料別) (2023/10/3時点)


アメリカでも買える哺乳瓶消毒グッズ

アメリカで購入できる哺乳瓶消毒グッズは以下になります。


  • 電子レンジタイプ(丸形)
  • スチームで乾燥・消毒してくれるタイプ(ボックス型)



値段も$20~高いものは$300など、ピンキリとなっていますのでレビュー等読んで吟味してみてください。

(広告等貼れたら良いのですが、amazonのアソシエイト契約をしていません(;’∀’))


検索方法は、Baby Bottle Sterilizer と入れると出てきます。

アメリカの哺乳瓶消毒事情、いかがでしたか?

わざわざ日本に帰国してまで下の子を出産した私は、日本式のままで育児をしています。

上の子のときほど神経質にはなっていませんが、哺乳瓶や口に入れるオモチャなどは消毒できるか確認した上で消毒するようにしています。(いずれにせよ床とか舐めているので、雑菌は口に入っているでしょうね)

結局は親の判断に委ねられる感じですよね!

あまり神経質にならずに育児を楽しみましょう!



ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です