【アメリカ生活】クリスマスツリーの廃棄場所

クリスマスが終わり、そろそろ家じゅうのデコレーションを片付ける時期がやってきました。

毎年飾っているスノードームやリースは段ボールにしまいますが…。

メー

生木のツリーは一体どこへ?

今年初めて生の木を買った皆さまにツリーの廃棄方法をお伝えしたいと思います。

ツリーは廃棄かリサイクル!

1か月近くお世話になったツリーとさよならする方法は以下の通りです。

・戸建ての場合は家の前に置いておく

・自分で廃棄場所に持ち込む

・リサイクルする


です。

ではそれぞれ説明していきましょう!

家の前にの縁石付近に置いておく

戸建てや独立している家屋の場合、家の前の縁石付近に置いておくとゴミ収集業者が回収してくれます。

ツリーの飾りや土台などは全て外しておき、長い枝などは切っておくとなお良いでしょう。

「ゴミ箱に入るサイズに切る必要がある」とか、「専用のプラスチックバッグに入るサイズにする」など州やカウンティのルールに準じますので事前に確認してください。

自分で廃棄/リサイクル場所に持ち込む

アパートメントなどの住宅コミュニティに住まわれている場合は各コミュニティのルールに則ってゴミを捨てていると思います。

粗大ごみなど大型のごみはアパート内に捨てられない可能性がありますので、その場合は自身で業者に連絡して引き取りに来てもらうか、廃棄場所に持って行くことになります。

「Christmas tree Drop-off locations near me」と検索すると廃棄場所が出てきますので、そちらのホームページを確認してみてください。

リサイクルする

州によってはリサイクルを推奨しています。

生木のクリスマスツリーは生分解性ができるので、リサイクルすることが可能。

収集期間内にリサイクル業者か自治体にカーブサイドピックアップをお願いすると、家の前まで引き取りに来てくれます。

基本的に回収は無料ですが、「団体に寄付をしてください」とホームページ上に書いてある場合がありますので、$5ほどの寄付をすると良いでしょう。

回収期間を必ず確認する

クリスマスツリーはなるべくその年中に片付けたい日本人。

だってお正月が来るんですもの。

メー

ツリーの回収期間はクリスマス翌日~2,3週間のところが多いみたい

場所によっては1月3日~16日まで。など、年を越してしまうこともあるようです。(クリスマスからホリデーに入ってしまってるのかな?)

年内に片付けたい場合は年内に廃棄できる方法を各自治体のウェブサイトなどでチェックしてみてください。

役目を終えたツリーはどうなる?

近年では「サステナブルなクリスマスを!」と何度も飾れるフェイクツリーの購入を促している団体もあるようですが、この時期にはまだまだ何千万本の廃棄ツリーが出てくるそうです。


しかしこのツリーたち、ただただ焼却処分されるわけではないようです。

リサイクルされたツリーたちはウッドチップや腐葉土となって生まれ変わるとのこと。


なんだか安心しました。

州によっては燃やされてしまうこともあると思いますが、私の住んでいる州ではリサイクルを推奨していますので、頑張って運んで次の資源に生まれ変わってもらおうと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です